aoikumana’s diary

自分の笑顔を周りの笑顔に

選ぶ道

自分が選んだ道を正解にする
自分を疑わない
自分に嘘をつかない
自分に期待しすぎない
自分を落ち込ませない

自然体のままあるがままに過ごす
自分が楽しいと思う時間を過ごす

よくわからない見栄に負けない
よくわからない承認に負けない

 
今日も一日自分に正直に過ごす

 

月曜日

 

月曜日をどんな気持ちで迎えていますか?

嬉しい気持ち
憂鬱な気持ち
気合が入る気持ち
逃げ出したくなる気持ち

布団から飛び出た人もいれば

いつまでも布団から出られない人もいる

今日楽しみな事がある人もいれば
今日やりたくない事がある人もいる

誰にでも平等に迎えられる月曜日
一週間のスタートを前向きに過ごしましょう
 
aoikumana
 

みんなに感謝

 

自分に関わってくれる人
みんなに感謝をする

家族、友達、同僚、上司、先生
話しかけてくれる人、一緒に時間を過ごしてくれる人

今、自分がここにいる事、存在している事が認められている

 

人は一人では生きていけない
人との繋がりは本当に大切
孤独になると途端に弱くなる
 
まずは自分を大切にする
そして周りの人を大切にする
みんなに感謝して過ごす
 
今日も一日ありがとう
 
aoikumana

あと一年だとしたら

 

あと一年で人生が終わるとしたら

今している事はするだろうか?

いつ人生が終わっても後悔の無い
毎日を過ごせているだろうか?

やりたかった事、伝えたかった事、
後先考えずに思い切った行動を毎日意識出来るだろうか。
きっとあと一年しかないと分かっていたら
思い切り動くことが出来る。

でも、大事なことはいつ終わるか分からない人生で、
どれだけ思い切り生きることが出来るかどうか。

大切な人を毎日大切にする
後悔しない行動を毎日取る
将来の事だけを考えて制限している事をやめる

人生はいつか終わるし、いつ終わるかはわからない。
当たり前のように理解しているつもりではあるけど
いつまでも続くこととも思ってしまっている
それは自分だけでなく、周りの人の人生に対しても。

終わりがない事はない、必ずいつか終わる
今日後悔しない生き方を毎日し続ける

aoikumana

もっと余裕を持って

心に余裕があれば多少の事でも笑っていられる
心に余裕がないから多少の事ですぐにカッとなる

子供が相手となると、
自分の思い通りに動かないし
自分の理解できない事をするし
必死に怒るタイミングを探してしまう

怒りたくない怒りたくないと思っていても
気が付いたら怒っている自分がいる

怒るだけ怒ってイライラが止まらず
周りに不機嫌な態度をとってしまう

そんな人と一緒にいたい人はいない
気が付いたら周りから人が離れていく

職場でも家庭でも人間関係に必要なのは心の余裕
余裕を持つためには自己肯定感を高める

 
楽しそうな人はいつも楽しそうで
つまらなそうな人はいつもつまらなそうで
不機嫌な人はいつも不機嫌だ
 
どの自分になりたいかは自分で決められる
私はいつも楽しそうな人になりたい
 
aoikumana

子供のような広い心を持ちたい

子供の寛大さには頭が下がる

大人はいつも理不尽に子供を怒る

自分の機嫌次第で怒りの基準を変えて、
頭ごなしに子供を怒る
 

自分の物差しで子供を押さえつけ
少しでも反する行動があれば執拗に攻め立てる
 
自分が同じ立場になった時にどうか?
自分はただ遊んでいるだけ、目の前の事に集中しているだけ
そんな時に頭ごなしに怒鳴られたらどんな気持ちになるだろう
ただでさえ、怒られることは良い気分がしないのに
意図しないところから急に怒鳴られたら
きっともうこの人と関わるのは辞めようと思うはず
 
なるべく関わりたくないと避けて通るはず
 
それなのに子供は毎日笑顔で自分に寄ってくる
離れるのが淋しいと言ってくれる
さっきまで怒ってたと思ったら、もう笑顔になり遊んでいる
 

大人ではこんな切り替えは出来ないはずだ
 
いつの間にか自分のプライドに縛られて
相手を許すこともできなくなる
怒りなんて無くなっているのに、いつまでも引きずっている
 
子供に学ぶことはたくさんある
子供と同じように寛大な心を持ちたいと思う

終わり良ければ全て良し

一日の終わりはポジティブな事を考えて眠りにつく

どんなに良いことがあっても、
一日の最後にネガティブな事を考えてしまうと
それだけ一日中嫌な事があったと錯覚してしまう

逆にどんなに悪いことがあっても
一日の最後にポジティブな事を考えられれば
一日中良い事があったと錯覚できる

幸せな気持ちは自分で作れる

幸せの基準は自分で作れる

人と比べてどうかではなく
今の自分が幸せだと感じていられればそれで良い

一日を振り返り良かった事、嬉しかった事、楽しかった事、笑ったこと
ポジティブな事を一つでも多く思い出し、今日一日に感謝しよう

ありがとうございました